■■日本世代間交流協会ニュースレター
 
                         20125月号■■
 --------------------------------------------
 
 青空に若葉が映える季節となりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。3ケ月に一度の定期刊行のニュースレター5月号をお送りします。
 
 --------------------------------------------
 
【目次】
--------------------------------------------
 
1.活動報告
 
2.活動予定
 
3.被災地支援プロジェクト
4.「会員の声」
. 「会員の声募集」
6.次号(8月)の予定

--------------------------------------------
【1 活動報告】
--------------------------------------------
 
■日本世代間交流協会 セミナー■
 
 3月4日(日)、オーストラリア、モナシュ大学のスーザン・フェルドマン教授による特別講演会(演題 「みんなの食事」) が開催されました。
 多民族の高齢人口の増加や家族のあり方の変化に直面した地域における高齢者支援の試みとして「コミュニティー・食堂」を紹介されました。これは、地域の高齢者が同じ食堂に集い一緒に食事をする活動であり、超高齢化が進展する日本における高齢者支援のあり方を考える上で、大変示唆に富む講演会となりました。
 また、オーストラリアのメルボルン市のユダヤ人・ホロコースト・センターのプロジェクト・マネージャーをしているご主人のダニエル・フェルドマンさんもホロコースト博物館で展開している高齢者からのライフヒストリーの聞き取り世代間交流プロジェクトなどについて、紹介してくださいました。フェルドマン夫妻は、日本とオーストラリアの世代間交流についての国際研究ができれば、是非、やりましょうと提案されていました。今回もおかげ様で、盛況のうちに終了しました。参加者および関係者の皆さま、どうもありがとうございました。
 
 --------------------------------------------
 【2 活動予定】 
--------------------------------------------
 
 ■Working Smart Through Intergenerational Policy, Programs and Studies

 【日時】  2011529日・530
 【場所】  米国ハワイ、ホノルル. 
Waikiki Beach Marriott Resort & Spa
  【HP】  http://www.hicsocial.org/

 ペンシルバニア州立大学のマット・カプラン教授をお迎えして、ハワイで世代間交流のワークショップWorking Smart Through Intergenerational Policy, Programs and Studiesが開かれます。


 --------------------------------------------
 
【3 被災地支援プロジェクト】
 --------------------------------------------
 

 ■ 陸前高田市への「手と手をつなぐクレヨン、Tシャツプロジェクト」■

東日本大震災で被災された子どもたちと高齢者を支援する募金を、当協会として設立しています。
市役所、病院、郵便局などを津波で流されてしまった岩手県陸前高田市の被災者に向けてのプロジェクトです。

このプロジェクトでは、当市の子どもたちやおじいちゃん・おばあちゃん方がたに文房具や生活用品などを届けることを目的としています。
子どもと中・高年世代をむすぶ世代と世代の連携や街づくりをテーマに活動している当協会が、保健・医療・教育・福祉の関係で交流のある陸前高田市のために立ち上げたものです。
皆さまのご協力で、子どもたちが学校で勉学をするための、えんぴつ、消しゴム、ノート、クレヨンなどを学校に届けようではありませんか。また、おじいちゃん、おばあちゃんにも春に着ることができるTシャツ、下着、タオル、ハンドクリームなどを、届けようではありませんか。

1
1,000円、33,000円、55,000円、1010,000円のあなたの寄付で、今必要とされている最低限の物品や癒しをお送りできます。振込先は下記の2種類です。

振込先口座
  【郵便振替】 口座番号00160-4-741956
  【三井住友銀行】永福町支店  普通口座 7196494
    口座名義(上記いずれも)「特定非営利活動法人 日本世代間交流協会」

皆さまのご支援・ご協力をお願い申し上げます。
昨年秋には、手や顔につける保湿クリームやハンドクリームの大瓶、今年2月には、男性用及び女性用、子ども用の厚めのソックスや、タイツなどをお送りし、陸前高田市の戸羽太市長からお礼状を、いただいております。
--------------------------------------------
4 「会員の声」】
--------------------------------------------
 
今回はYさんより「世代間交流の思い出」です。
 私が子どもの頃、近所では「地蔵祭り」という催しがあった。の緑が青々と茂る頃になると、地区の子ども達がどこからともなく集まり、「じぞーまつりの○○せんを、もらいにきました」と大声で叫びながら地域を練り歩きお布施を集めに回った。集めたお布施を元手に、きな粉餅や餡子餅や灯篭を作り、地蔵盆当日には寺の前に灯篭を掲げて餅を売った。今から思えば、あれが地域の大人達と初めて深く接した体験だった。優しい大人、怖い大人、おもしろい大人、変なおじさん、いろいろな大人達との交流の中で、社会の甘酸っぱさを少し知った気がした。あれから二十年、あの頃の子ども達の姿はもう見られない。地域の大人たちから「伝えられた」私たちが、「伝える」世代になったのかもしれない。
 
--------------------------------------------
【5「会員の声」募集】
--------------------------------------------
 
「会員の声」ということで、皆さんにご応募を呼びかけています。皆さんのご意見や体験談・エッセー・俳句などをニュースレターに掲載したいと思いますので、世代間交流について思うこと、当協会について感じることなど、ご意見をお寄せ下さい。

 --------------------------------------------
 
【6次号(8月)の予定】
 --------------------------------------------
1.活動報告
2.活動予定
3.会員の声
4.その他
--------------------------------------------
 
【編集後記】
-------------------------------------------- 
 
 今月から、村山陽がニュースレターを担当することになりました。至らぬところも多々あるかと思いますが、ご指導ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願いいたします。